中国陶磁研究会

常盤山文庫中国陶磁研究会会報7『初期白磁』

B5判 総152頁(カラー20頁)
定価:2000円(税込) 2018年12月14日発行発行

青磁生産の流れの中で、6世紀末、青ではなく白を意識した「白磁」が出現した。その後、白磁を土台に我々のまわりには青花や五彩など様々な磁器が花開いたが、誕生当初、何を求めて白磁は作られたのか。

目次

佐藤サアラ「初期白磁―白磁の始まりとその展開」
佐藤サアラ・三笠景子 作品解説
佐藤サアラ編「紀年墓出土資料集」
佐藤サアラ編「窯址出土資料集」

当文庫の事情により、お求めは東京国立博物館ミュージアムショップにお願いいたします。