中国陶磁研究会

常盤山文庫中国陶磁研究会会報5『青磁「東窯」』

B5判 総204頁(カラー24頁)
定価:2000円(税込) 2013年8月19日発行発行

常盤山文庫中国陶磁研究会の研究成果をまとめた会報の第5号。耀州窯の発見とともに中国陶磁史の研究課題から顧みられることのなくなった「東窯」について、汝窯出現にいたる華北の青磁展開のキーワードとして今一度検証する。汝窯出現(北宋末)に至る青磁の展開の考察を目的に、法門寺献納宝物の秘色青磁(894年)から北宋末に至る紀年墓出土資料をモノクロ挿図とともに紹介。全198頁、カラー図版24頁。

目次

長谷部楽爾「北宋時代の青磁と東窯」
今井敦「宋代華北地方の青磁の展開における『東窯』タイプの位置づけについて」
矢島律子「北宋華北の淡色青磁の系譜」
三笠景子「『東窯』研究史」
佐藤サアラ 作品解説


*当文庫の事情により、お求めは東京国立博物館ミュージアムショップにお願いいたします。