展示情報

東京国立博物館東洋館            特集展示「日本人が愛した官窯青磁」           《お知らせ その4 「日本人の美意識―「修内司」と砧青磁》

期間
平成26年5月27日~10月13日
会場
東京国立博物館東洋館

東京国立博物館東洋館の特集展示「日本人が愛した官窯青磁」展、三つのテーマのうちのその4「日本人の美意識 「修内司」と砧青磁」についてご紹介いたします。

古来日本は中国から大量の青磁を将来してきました。その中でもことに釉色の美しいものを「砧」と称し、大切に守り伝えてきました。
20世紀初頭、中国陶磁が研究対象となったとき、日本人は、この砧とは別に、南宋時代に皇帝が愛した官窯なる青磁があったことを知ります。
文献に2つあると記された官窯のうち、先につくられた「修内司」を日本人はより優れたものと解釈しましたが、それは窯址の発見に至らない幻の官窯でした。このまだ見ぬ最高の青磁、南宋官窯の「修内司」を、日本人は日本に伝わる美しい砧青磁よりも、さらに美しいものと考えました。

主な展示情報

  • 青磁下蕪瓶_C0038098 (2)

    国宝 青磁下蕪瓶          アルカンシエール美術財団        (写真提供:東京国立博物館) 

  • _9KY8696 (2)

     青磁盤  常盤山文庫     川端康成旧蔵

  • 馬蝗絆_C0049760 (2)

    重文 青磁輪花碗 銘馬蝗斑       東京国立博物館        (写真提供:東京国立博物館)   期間中展示替えあり 8/31まで

  • 青磁鳳凰耳瓶_C0100268 (2)

    青磁鳳凰耳花生           東京国立博物館         (写真提供:東京国立博物館) 期間中展示替えあり 9/2から