展示情報

東京国立博物館東洋館            特集展示「日本人が愛した官窯青磁」           《お知らせ その2 「北宋官窯をもとめて―汝窯と「東窯」とよばれた青磁」》

期間
平成26年5月27日~10月13日
会場
東京国立博物館東洋館

東京国立博物館東洋館の特集展示「日本人が愛した官窯青磁」展、三つのテーマのうちのその1「北宋官窯をもとめて―汝窯と「東窯」とよばれた青磁」についてご紹介いたします。

北宋の宮廷に関わる窯として、中国の古い文献には官窯と汝窯の名が見られます。北宋官窯は今なお未発見の窯ですが、宮廷に納めるための器を焼いた窯として知られる汝窯は、近年、河南省宝豊県清凉寺において窯址が発掘調査されています。

現在のような窯址発掘に基づく研究が進められる以前、限られた情報のなかで日本の研究者は、淡い色を共通の特徴とする青磁の一群に、文献上に見られる窯「東窯」の名をつけ、北宋官窯や汝窯という美しい青磁が生まれるまでの発展の道のりについて考えようとしました。

本特集では日本所蔵の貴重な汝窯青磁とともに、かつて「東窯」の名を冠した作品を数十年ぶりに公開いたします。

 

 

 

 

 

主な展示情報

  • _9KY7355a ○

    青磁「東窯」水注  個人蔵   1970年に展示されて以来の公開です

  • DSC_0453 (2)

    青磁「東窯」鉢  常盤山文庫

  • DSC_0479 (2)

    小山冨士夫による「東窯」箱書

  • DSC_0081 (3)

    汝窯盤 個人蔵         川端康成旧蔵品